スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸倒引当金の会計処理

 期末に貸倒引当金の残額がある時は、取り崩さなければいけません。

 

 この取崩額は当期繰入額と相殺して、繰入額の方が多い場合には、販売費または営業外費用に計上して、反対に、取崩額の方が多い場合には、原則で特別利益に計上します。

 

►損益計算書の表示

勘定科目

表示区分

貸倒引当金繰入下記の図参照
貸倒引当金戻入特別利益
貸倒損失販売費及び一般管理費
過年度貸倒引当金繰入不足額特別損失
償却債権取立益特別利益

 

►貸倒引当金繰入の表示

設定対象

表示区分

営業債権(受取手形・売掛金など)販売費及び一般管理費
営業外債権(貸付金など)営業外費用
破産・更正債権などの不良債権特別損失

 


►例題

 

 次の取引を仕訳しなさい

問1.決算にあたり、売掛金残高5.000.000円に対して過去の貸倒実績率3%の貸倒引当金を設定する。ただし、貸倒引当金勘定の残高は120.000円であった。

問2.決算にあたり、売掛金残高2.000.000円に対して過去の貸倒実績率4%の貸倒引当金を設定する。ただし、貸倒引当金勘定の残高は100.000円であった。

問3.当期に発生した売掛金300.000円が貸倒れとなった。

問4.前期に発生した売掛金200.000円が貸倒れとなった。なお、貸倒引当金勘定の残高は160.000円である。

問5.前期に貸倒れとして処理した売掛金のうち20.000円が現金で回収された。

 

 

 

 

►解答

問1.(借)貸倒引当金繰入 30.000 (貸)貸倒引当金 30.000

問2.(借)貸倒引当金 20.000 (貸)貸倒引当金戻入 20.000

問3.(借)貸倒損失 300.000 (貸)売掛金 300.000

問4.(借)貸倒引当金     160.000 (貸)売掛金 200.000

 過年度貸倒引当金繰入不足額 40.000

問5.(借)現金預金 20.000 (貸)償却債権取立益 20.000

スポンサーサイト
広告
管理人の別サイト
税理士試験の法人税法
法人税法の勉強内容を掲載していきます。

おすすめ本
読んだ本の中からおすすめ本を紹介していきます。

税理士試験の簿記論・財務諸表論
税理士試験の簿記論・財務諸表論のテキストを掲載していきます。

日商簿記1級テキスト(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)のテキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)の問題集を掲載しています。

日商簿記2級問題集・テキスト
日商簿記2級の問題集・テキストを掲載しています。

株初心者入門
株のはじめ方をやさしく紹介しています。

FX初心者入門
FXのはじめ方をやさしく紹介しています。

スイーツレシピ
元パティシエが今まで作ってきたスイーツレシピと作り方を載せています。

サイト内検索
目次
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。