スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価損等

 

期末商品の評価の種類

 

1. 数量面

 商品の受け払いについては商品有高帳に記録されますが、これはあるべき数量を記載しているにすぎず、決算期末において帳簿上の有高と実際の有高との突合せが行われます。これを実地棚卸といいます。

 この帳簿棚卸高と実地棚卸高の差額は、棚卸減耗費として処理します。

 

2. 価格面

 棚卸資産の評価は、取得原価が原則ですが、その原価で次期に繰り越すことが妥当でない場合があります。

 

評価損の計算方法

 

1. 個数と数量が示されている場合

(1) 第1段階

 帳簿棚卸数量と実地棚卸数量との数量差額によって棚卸減耗費を計算します。

(2) 第2段階

 期末実地棚卸商品について異常品がないか調査します。品質低下、陳腐化商品または著しい時価下落商品(* 回復する見込みがある場合は除く)があれば修正評価します。

(3) 第3段階

 期末実地正常品について、棚卸資産の評価基準として低価基準を適用しているのであれば、時価が原価よりも下落している場合には、時価に修正評価します。

 

2. 金額で示されている場合

 棚卸減耗費 : 帳簿棚卸原価 - 実地棚卸原価

 低価法評価損 : 実地棚卸原価 - 実地棚卸時価

 

►評価損の種類と表示区分

 

 棚卸減耗費 : 帳簿棚卸高と実地棚卸高との数量差額 (表示区分 : 原価性ありの場合は、売上原価の内訳項目・販売費 : 原価性なしの場合は、営業外費用・特別損失)

 品質低下評価損 : 商品の傷、劣化、汚損等による評価損 (表示区分 : 上記に同じ)

 陳腐化評価損 : 流行遅れ、機能低下等による評価損 (表示区分 : 上記に同じ)

 強制評価減 : 著しい時価下落による場合の評価損 (表示区分 : 営業外費用・特別損失)

 低価法評価損 : 低価基準適用による評価損 (表示区分 : 売上原価の内訳項目・営業外費用)

 

 


 

 

►例題

 

 下記の資料により、決算に必要な仕訳を示しなさい。また、繰越商品勘定の記入(英米式、諸口は使わないこと)も行いなさい。

<資料>

 期末商品棚卸高 250個 @600円

 期末商品帳簿棚卸高 300個 @700円

 期末商品実地棚卸高 280個 時価 @650円

  上記のうち、品質低下品 10個 評価額 @400円

 当社は棚卸資産の評価基準として、低価基準を適用している。

 

 

 

 

►解答

 

(借)仕入 150.000 (貸)繰越商品 150.000

 繰越商品 210.000 仕入 210.000

 棚卸減耗費 14.000 繰越商品 30.500

 商品品質低下評価損 3.000

 商品低価法評価損 13.500

 

繰越商品

前期繰越        150.000 仕入          150.000

仕入           210.000 棚卸減耗費      14.000

                     商品品質低下評価損 3.000

                     商品低価法評価損  13.500

                     次期繰越       179.500

               360.000             360.000

スポンサーサイト
広告
管理人の別サイト
税理士試験の法人税法
法人税法の勉強内容を掲載していきます。

おすすめ本
読んだ本の中からおすすめ本を紹介していきます。

税理士試験の簿記論・財務諸表論
税理士試験の簿記論・財務諸表論のテキストを掲載していきます。

日商簿記1級テキスト(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)のテキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)の問題集を掲載しています。

日商簿記2級問題集・テキスト
日商簿記2級の問題集・テキストを掲載しています。

株初心者入門
株のはじめ方をやさしく紹介しています。

FX初心者入門
FXのはじめ方をやさしく紹介しています。

スイーツレシピ
元パティシエが今まで作ってきたスイーツレシピと作り方を載せています。

サイト内検索
目次
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。