スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他有価証券

 

1. 一時差異発生時の処理

 

 その他有価証券を決算時に時価で評価することは、資産の評価替えにより生じた評価差額が直接純資産の部に計上され、かつ、課税所得の計算に含まれていない場合に該当しますので、その他有価証券の評価に関して税効果会計を適用します。

 

(1) 全部純資産直入法

 資産の評価替により生じた評価差額は、純資産の部に計上されることから、当然に税引前当期純利益の計算に含まれておらず、課税所得の計算にも含まれていません。課税所得の計算に含まれていない以上、法人税等調整額を計上すると、税引前当期純利益と法人税等の金額が対応しません。したがって、まず評価差額を算定し、この評価差額に係る繰延税金資産または繰延税金負債を算定し、当該評価差額から繰延税金資産または繰延税金負債を控除してその他有価証券評価差額金を計上します。

 

・ 評価差益の場合:将来加算一時差異の発生

(借)投資有価証券 *** (貸)繰延税金負債 ***

                     その他有価証券評価差額金 ***

 

・ 評価差損の場合:将来減算一時差異の発生

(借)繰延税金資産 *** (貸)投資有価証券 ***

   その他有価証券評価差額金 ***

 

(2) 部分純資産直入法

 評価差益は全部純資産直入法と、評価差損は損金に算入されない棚卸資産の評価損と同様の処理になります。

 

2. 一時差異解消時の処理

 

 その他有価証券の評価は、洗替法によるので、翌期首に解消されます。

スポンサーサイト
広告
管理人の別サイト
税理士試験の法人税法
法人税法の勉強内容を掲載していきます。

おすすめ本
読んだ本の中からおすすめ本を紹介していきます。

税理士試験の簿記論・財務諸表論
税理士試験の簿記論・財務諸表論のテキストを掲載していきます。

日商簿記1級テキスト(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)のテキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)の問題集を掲載しています。

日商簿記2級問題集・テキスト
日商簿記2級の問題集・テキストを掲載しています。

株初心者入門
株のはじめ方をやさしく紹介しています。

FX初心者入門
FXのはじめ方をやさしく紹介しています。

スイーツレシピ
元パティシエが今まで作ってきたスイーツレシピと作り方を載せています。

サイト内検索
目次
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。