スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税

 

► 消費税の意義

 

 消費税とは、国内での商品・製品の販売や役務の消費に伴って、取引の格段階ごとに課税される付加価値税的な間接税である。

 消費税の納税義務者は、製造から小売又は役務提供までの各事業者である。

 消費税は最終的には消費者が負担する。

 

► 消費税の会計処理

 

 消費税の会計処理方法としては、税抜方式と税込方式の2つの方法がある。

 

1. 税抜方式(原則)

 

 仕入及び売上に係る消費税を特別の勘定を設けて区別記録し、仕入及び売上は消費税を含めない金額で記録する方法をいう。

 期末時は、仮受消費税と仮払消費税とを相殺し、納付税額がある場合には、未払消費税勘定の貸方に記録し、逆に還付税額がある場合には、未収消費税勘定の借方に記録する。

 

 税抜き価格 10.000円

(借)仕入 10.000 (貸)現金 10.500

  仮払消費税 500

 

 税抜き価格 30.000円

(借)現金 31.500 (貸)売上 30.000

             仮受消費税 1.500

 

 決算時

(借)仮受消費税 1.500 (貸)仮払消費税 500

                 未払消費税 1.000

 

2. 税込方式(容認)

 

 仕入及び売上に係る消費税を、仕入及び売上に含めて記録する方法をいう。

 期末時は、売上に含まれる消費税と仕入に含まれる消費税の差額を計算し、納付税額がある場合には、借方は租税公課勘定に、貸方は未払消費税勘定にそれぞれ記録する。逆に還付税額がある場合には、貸方は雑収入(雑益)勘定又は還付消費税勘定に、借方は未収消費税勘定とする。

 

 税抜き価格 10.000円

(借)仕入 10.500 (貸)現金 10.500

 

 税抜き価格 30.000円

(借)現金 31.500 (貸)売上 31.500

 

 決算時

(借)租税公課 1.000 (貸)未払消費税 1.000

スポンサーサイト
広告
管理人の別サイト
税理士試験の法人税法
法人税法の勉強内容を掲載していきます。

おすすめ本
読んだ本の中からおすすめ本を紹介していきます。

税理士試験の簿記論・財務諸表論
税理士試験の簿記論・財務諸表論のテキストを掲載していきます。

日商簿記1級テキスト(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)のテキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)の問題集を掲載しています。

日商簿記2級問題集・テキスト
日商簿記2級の問題集・テキストを掲載しています。

株初心者入門
株のはじめ方をやさしく紹介しています。

FX初心者入門
FXのはじめ方をやさしく紹介しています。

スイーツレシピ
元パティシエが今まで作ってきたスイーツレシピと作り方を載せています。

サイト内検索
目次
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。