スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リース取引の貸手側の処理

 

リース債券の計上価額の算定

 

 貸手は、リース物件の購入価額等をリース債券の金額とします。

 

リース料受取り時の処理

 

1. リース物件の売上高と売上原価とに区分して処理する方法

 受取リース料をの売上高として処理し、この金額からこれに対応する売買益(利息)相当額を差し引いた額をの売上原価として処理します。

 

2. リース物件の売買益等として処理する方法

 受取リース料のうち、売買益(利息)相当額はリース物件の売買益等として、元本回収額はリース債券の減少として処理します。

 

 


 

 

►例題

 

 当社はA社に掛購入による備品をリースすることとし、1年4月1日にリース契約を結んだ。以下の資料により、問1.1年4月1日のリース契約時、問2.2年3月31日のリース料受取時に当社が行う仕訳を示しなさい。なお、受取リース料をリース物件の売上高として計上する方法により会計処理を行う。

<資料>

1. リース期間は4年である。なお、リース期間終了後に所有権はA社に移転する。

2. リース料総額は2.342.560円であり、各回585.640円を毎年3月31日に現金で受取る。

3. 備品の市場価額は1.856.400円であり、これは当社の現金購入価額に等しい。

4. 当社の計算利子率は10%である。利息の計算は利息法による。

 

 

 

 

►解答

 

問1.(借)リース債権 1.856.400 (貸)買掛金 1.856.400

 

問2.

(借)現金預金 585.640 (貸)売上高 585.640

 売上原価 400.000 リース債権 400.000

 

 なお、上記の例題で会計処理を、リース物件の売買益を計上する方法による場合は、問2.の仕訳は以下のようになります。

 

(借)現金預金 585.640 (貸)リース債権 400.000

                リース物件売買益 185.640

スポンサーサイト
広告
管理人の別サイト
税理士試験の法人税法
法人税法の勉強内容を掲載していきます。

おすすめ本
読んだ本の中からおすすめ本を紹介していきます。

税理士試験の簿記論・財務諸表論
税理士試験の簿記論・財務諸表論のテキストを掲載していきます。

日商簿記1級テキスト(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)のテキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)の問題集を掲載しています。

日商簿記2級問題集・テキスト
日商簿記2級の問題集・テキストを掲載しています。

株初心者入門
株のはじめ方をやさしく紹介しています。

FX初心者入門
FXのはじめ方をやさしく紹介しています。

スイーツレシピ
元パティシエが今まで作ってきたスイーツレシピと作り方を載せています。

サイト内検索
目次
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。